ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

造ってみました⑩

最近、その需要が増えたためにご依頼の多いUSB用電源の取り付けです。
今回取り付けた車両はFXDL2016年モデルです。
ハンドルバーにそのまま取り付けるのも"面白くない"のでライザーサイドに取り付けるマウントを造ってみました。
 材料はいつものシートメタルですが、結構複雑な断面になるため、型紙を作ってからのカット&ベント。

すっきりいい感じで収まったと思います。

ファイル

ちょっとしたひと手間

フロントフォークのアウターチューブの表面腐食って、
ハーレーに限らずなかなか防止しきれないことです。
腐食が出てしまった場合、当店ではアウターチューブのペイントをお勧めしています。
(確か、以前にもご紹介したと思います)
ペイント後の組み付けの際にブレーキキャリパーなど、
塗装部に直接ボルト等が当たってしまう箇所に、ちょっと潤滑剤を塗布するだけで、塗料の剥げるのを防ぐことができます。
ただ、普通の潤滑剤では硬化しているとは言え塗料に悪影響を与えてしまうことがあるので、潤滑性はあるのに塗料等には影響を及ぼさない特殊な物を使っています。
ちょっとしたひと手間ですが 安心のためには必要です。

ファイル

造ってみました⑨

今回造ったのは、スポーツしたー用の"キックスタンドエクステンション"です。
どうしてもプライマリーカバーの陰に隠れてしまい 出しにくかった純正のキックスタンドの改良のため、いつものように鋼材から切り出し&溶接・穴あけ加工にて製作。

キックスタンド本体には穴あけの後、ボルトナットで固定。
これで、駐車時の立ちゴケも減らせるのではないでしょうか。

ファイル

IGコイルの移設に伴い・・②

IGコイルの移設の続きです。
IGコイルとスピードメーターステーの取り付け金具は、今回も鋼材からの切り出し&溶接・穴あけ加工にて作製。
IGケーブルをまとめるための、小さなステーもついでに作製しました。

不要に成った配線類や、ギボシでかさばっていた部分も綺麗に処理したので、タンク下もスッキリです。

ファイル

IGコイルの移設に伴い・・

2000'yモデルのXL883です。
タンク下のIGコイルを移設して、すっきりさせたいとのご要望をいただきましたので、ついで(?)にゴチャゴチャした配線も処理しちゃいたいと思います。
このバイクは、以前にスピードメーターと各種インジケーターをエンジン横に移設してあったので、既存のハーネスの中にはもう必要のない物や、長すぎるものなどが結構有りますので、それらをバッサリ!
ただ切っちゃうと後で大変な思いをするので、しっかり線種を確認しながらの作業です。
この後、IGコイルの取り付けブラケットと、メーターをやや後方に移動するためのステーを造ります。

ファイル

PHP Blog