ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

板金修理

不慮の追突事故で壊れたスポーツスターのリアフェンダー
の修理依頼を受けました。
ハーレーのフェンダーはスチール製ですので、自動車のボディのように 
程度にもよりますが板金による修理が可能です。
今回はリアフェンダーの下部がタイヤ側に入り込み、両サイドは 
当てた車のバンパーにより外にめくれ出てしまってます。
ある程度までは元の状態まで“叩き”で修正することは出来ますが 
鉄に限らず物体は曲げると伸びてしまうので、ただ曲がりを戻しただけだと歪や皺ができてしまいます。
そのため、状況にもよりますが歪部分のカットが必要になることがあります。
でも、新品に交換するよりは遥かに廉価で直すことが出来るので、
お困りの方はご相談ください。

ファイル

さすがCCI

CCIのFLST用ヘッドライトナセルキット。
なかなか人気の商品です。
CCIではヘッドライトハウジングキットと呼びます。
その中のフォークネックプロテクター。
パーツ名はFork Neck Protectorsとなってますが
取り付け説明書では、『時々』Fork Stopsってなってます。
まあ、その辺のことは英語なのでOKとしまして、
この部品取り付けの際に フォークネックに穴を開ける必要があります。
そのためのドリルビットも同封されています。
親切です。
と思い、そのドリルで穴を開け、キットのタッピングビスをねじ込んでみると・・・
あれ!穴、デカいじゃん!
付属のタッピングビスじゃあ細すぎで使えません・・。
まあ、アメリカ製ですから。
やれやれ。

キットにはクロームメッキされたフォークカバーも入っています。
純正のステンレス製よりも 光っていてきれいです。
取り付けは、左右それぞれを2本の付属のボルトで固定するだ・・
あれ、ネジ穴、潰れてます。
このままではボルトがダメになってしまいます。
おいおい、4つの穴全部ダメかい・・。
まあ、アメリカ製ですから。
そのほか、ヘッドライトブラケットの穴径が合ってなくてヘッドライトレンズが付かないなんて事位、平気です。
それより、全てのボルト&ワッシャーの数がピッタリだったのは驚きです。

ファイル

配線の修理

今回はYamaha SR400です。
前ユーザーさんが、セルフカスタムで
メーターの変更やインジケーターの取り外し等を
行ったバイクのメインハーネス修理です。
剥き出しのヘッドライトハーネスが 
ハンドルストッパーに挟まれ断線寸前です・・!
また、各配線もビニールテープによる絶縁のため
経年劣化で剥がれてしまいむき出しになってしまっています。
長さも長すぎるものが大半なので、適正長さに縮め
結線しなおすことにしました。

これで、見た目にもスッキリし また電気的トラブルも
避けられるでしょう。

ファイル

出来上がりました!

昨年の暮れに入手し、先月よりリメイクをしていた
XL1200Sが出来上がりました。
かなりきれいです。
とってもお勧めです。
外装はパールイエローに全塗装。
タンクロゴはペインターの手書きです!

車検整備付きでの販売になります。
少々お高めになってしまいますが、調子も良くとてもきれいなので 満足いただけるでしょう。

ファイル

ホワイトウォールタイヤ

メッツラーME880のホワイトウォールタイヤを
FXSTSに装着しました。

もともとクラシックなイメージのあるモデルなので
このタイヤが特に効果的でした。
ME880は、ハーレーとの愛称がとてもいいと思います。
多くの純正装着のDunlop製に比べ、直進性・対ウエット性に優れていると思います。
ただ、やや減りが早いかな・・・・。

ファイル

PHP Blog