ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

FXSTDのホイル交換

ちょっとばかしレアなモデル:2000'yFXSTDソフテイル・デ
ュースのF&Rホイールの交換作業のご依頼を受けました。
 ホイールはユーザーさんが(多分ヤフオク)で購入されたの、当店では取り付け作業のみです。
 商品説明で00'y~ソフテイルモデル取り付け可とされていたものを購入されたのですが、・・
フロントホイールのベアリングが違うじゃん!
アクスルシャフト径は一緒だけど幅が違う。
手持ちのアクスルスペーサの中から“良さそう♪”な物を探し出し、旋盤で既存ホイールのベアリング幅に合わせ切削。
このホイールは 多分カスタムクロームで取り扱っているDNA社のチューブレスタイプの物だと思うのですが、バルブ付け根から遠慮なくエア漏れ。
・・普通にチューブ入りとしました。
フロントを教訓に、リアホイールはいろいろ覚悟しながらフィッティングしましたが、すんなりボルトオン!良かった。
前後とも40⇒60本スポーク物になりましたので、キラキラ感がとてもステキです。

ファイル

XLの良くあるトラブル

今年初めての投稿です。・・・既に3月半ばですが。

さて、以前にもこのブログでご紹介したXLモデルのオイルドレインチューブの破損修理です。

このバイクは当店にお見えになる以前、他のショップさんで一度修理されていたようです。
ですが、破損箇所を切り取って繋ぎなおすだけの作業だったので 当然ですがその先の部分が劣化でひび割れ オイル漏れしてしまいました。
 チューブ自体は¥3,000弱(\2832:2020年現在)で HDJからも比較的すぐに購入できる部品ですので、ちゃんと新品に交換しましょう。

ファイル

こんなところが壊れるなて。の続き。

前回、クラッチプレートの交換作業を終え、快適なシフトチェンジが蘇ったFLSTF。
これで元気に走り回って・・・
の筈が いきなりのエンジン不調で走行不能になり、
レッカーで再びご来店。

ざっと調べたところ、燃料系ではなく点火系のトラブルの模様。
以前の修理の際、EVOエンジンのウィークポイントでも有るピックアップセンサーをDyna-Sに交換しているので、点火タイミングの不調を疑い、カバーを開けてみました。
中央のローターシャフト部分に見慣れない小さな部品が2つ・・・。
ローター内のマグネットが何故か取れてしまってました。商品の接着不良でしょう。
このマグネットが点火のタイミングを知らせているので、これが無ければ全く火は飛びません。
 手持ちの(?)マグネットと交換し あっさり修理完了。大事に至らなくって良かった。
 

ファイル

こんなところが壊れるなんて。

1996'yEVOモデルのクラッチの突然切れがものすご~~く悪くなり、クラッチプレートの交換作業を始めたところ、プレート達の真ん中に入るスプリングプレートが崩壊してました!、
リベットは外れ、間のスプリングプレートは殆ど残っていない状態でした。
こんなとこ、壊れるんだぁ・・。
内部を綺麗にお掃除し、プレート類全てを新品部品に交換。
シフトチェンジの感触もギアの入りもスムーズで良い感じで終了!
  したんですけどね、クラッチ修理は・・・。

   

ファイル

年の差26歳

以前から当店をご利用いただいているお客様のローライダーと、先日入荷したローライダーを並べてみました。

FXDLは2005年式、FXSは1979年式なので その差26歳。
ちょっと前に話題になったとあるタレントさんと奥さまのとの年の差が24歳ですので、さらに2歳も!って、結婚する訳じゃあないので 比較するのも変ですね。

最近また、アメリカ本国でもShovelモデルの価格が上昇してきているようです。
お探しの方はお早めに。

ファイル

前のページ  次のページ
PHP Blog