ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

お友達のお店を応援

 今回はいつもとちょっと違った話題です。
Shovelheadつながりでお付き合いのあるお友達のお店、
『アメリカンサンドイッチ カリフォルニア』への応援です。
今現在、飯能の駿河大学前にテイクアウト専門で店舗があり、ウチにご来店のお客様にもご紹介しています。おいしいです!ボリュームもあり満足できます!サンドイッチなのに!!
 でも、やはりこ新型コロナウイルスの景況は大変なようで、お友達として非力ながらウチも応援をしたいと思い、ここに 『アメリカンサンドイッチ カリフォルニア』さんのメッセージURLを張り付けておきますので、ぜひご一読いただければと思います。
https://readyfor.jp/projects/78381

ファイル

イグニッションキースイッチプレート

配線作業を始める前に、まずは電気部品の位置を決め取り付けます。
サーキットブレーカーはバッテリートレイの下に付けられそう。
 イグニッションキースイッチは右側オイルタンク後方に取り付けるので そのためのプレートを製作。
一緒にスターターリレーも付けられるようにしました。
違和感なくいい感じにできたと思います。

ファイル

こんな雰囲気です

オーナー様のご要望でドラッグパイプの長さを調整しました。ストレートカットで少々短めに加工です。
並行して内側のロッド類に干渉する部分も全て処理しました。まだ、リアフェンダーは仮止めですし、ホイールの位置も未調整ですが、いい雰囲気・かっこいいです。
 

ファイル

まあ、いろいろと大変でして

まとめて投稿しているので、時系列がおかしいかと思いますが、そこは、そう、流してください。

リアドラムブレーキのロッド類とエキゾーストパイプが見事に干渉しちゃいました。
そもそもこのメカニカルブレーキシステムは、アーリーショベル以前のモデル用にできているので、このバイクにはすんなりとは付きません。
ロッドもリンケージもみんな エキパイに当たります!
でも そんなのはグラインダーや旋盤や溶接機にボール盤があれば簡単に ほんの数日(数時間じゃないから)で解決しちゃいます!やれやれ。
 続いては スターターシステムとプライマリーユニットの取り付けです。

ファイル

組み立て開始です

必要な溶接加工と削り加工を施したフレームは サンドブラスト加工、ペイント作業を終えこちらに戻ってきました。
いよいよ組み立て作業開始です。
まずは大物のエンジンとトランスミッションを装着します。
重いので傷をつけないよう養生を施してからの作業です。
この後、その他のパーツを順次組付けていきますが、順番を間違えると手間が増えるので、しっかり考えながら作業を進めていきます。

ファイル

前のページ  次のページ
PHP Blog