ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

EVOエンジン修理中②

ボーリング屋さんに加工依頼をしていた部品が仕上がってきました。

.010オーバーサイズピストンに合わせボーリング加工されたシリンダーと 芯出しと各部寸法確認(ベアリングのフィッティングのためです)されたフライホイールAss'yです。
クランクケースも必要箇所が加工されてます。
あとはプライマリー側の新品ベアリングを圧入した後 いよいよ組み立てです。
月内には完成させたいなあ。

ファイル

EVOエンジン修理中

まずは、台風21号による被害にあわれた方々、北海道の震災に合われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

エボリューションBTエンジンの修理作業です。
エンジンよりとんでもなくデカイ異音がするということで修理のご依頼を頂きばらしてみました。

右側カムギアカバーをあけたところ、中にはすごい量の鉄粉(というより破片)。
覚悟?をしながらシリンダーを抜き取ってみると、フロント側ピストンがクランクが回っていないのに『上下に』動きます・・・。
多分クランクピンベアリングが砕け散って無くなってるでしょう。カムギアケース内の鉄粉はきっとこれです。

リア側コンロッドは動きがかなり固いので 焼きついている模様。
 ピニウォンシャフトにも傷があるのでクランク・フライホイールはAss'yで交換。
シリンダーの傷はさほど深くは無いので、交換ではなくオーバーサイズへのボーリング加工で大丈夫そう。

とにかくエンジン内とオイルラインの鉄粉の除去と クランク交換に伴うベアリング等の調整がなかなか大変です。

ただ、オイルポンプやタペット、シリンダーヘッドには損傷がなかったので点検と清掃でOK。

さあ大変だ。

ファイル

TC88 カムチェーンテンショナー

TC88がリリースされてもう20年近く経ちました。
そのため、当店へ同じ箇所の消耗による入庫が増えて来ました。
そんな中で特に気になるのが、カムチェーンテンショナーの消耗です。
TC88も途中から仕様が変わったため テンショナー交換の必要の無いモデルになりましたが、それ以前のモデルはご注意です。

写真のテンショナーは、02'yFLSTF走行距離49000kmから外したものです。
もう、限界というか遅いくらいの消耗状態でした。(もちろん手前は新品です)
テンショナーはクランク側とカムシャフト側の2箇所有りますので 両方交換します。
さらに交換には インナーベアリングと外側のベアリング、ロッカーバーガスケットに各種Oリングが必要になります。
 定番の作業ですが、燃料タンクの脱着が必要なので、少々手間の掛かる作業です。
 異音が出る前に交換しましょう。

ファイル

オイルフィルターの交換

解りにくい写真ですが、オイルフィルター交換作業時の写真です。
以前によそ様でオイルフィルターを交換されたバイクなのですが、その際に"ものすご~~~く!"強く締め付けられてしまっていました。
そのため、いつものオイルフィルターレンチでは 全く回りませんでした。
 次の作戦、フィルター近くにあるABSユニットをずらし、フェンダー類も養生して、バンド式のオイルフィルターレンチで・・・・。
だめでした。レンチがフィルター本体に食い込むだけで全く回りません。
   どんな力で閉めてんだよ(汗)
最後の手段、フィルター本体を完全に破壊しフィルターマウント部に接している部分だけを残し、タガネで叩きながら外すという作業を行いやっと取り外し。

 狭い空間での作業でしたし、車体やエンジンへの傷は極力避けなければならないので、2時間以上もかかってしまいました。
 外れたフィルターを確認してみると、閉めこみすぎでゴムパッキンがフィルター台座に食い込み変形してました。

 本来なら、30秒から1分で外れるんですけど。

ファイル

シーシーバーの取り付け

依頼していたシーシーバーの"素材"が出来てきたので
車両に合わせ取り付け部の作製と加工です。
極太φ18mmの鋼材で出来ていますので、かなり丈夫です。
サイズはフェンダー上40cm。
フレームへの取り付けカラーと、フェンダー後部との接合部のブリッジを溶接。

この日は記録的猛暑!
室温40度超えです。
そのなか、長袖を着て溶接マスクに皮の手袋は・・暑いやぁ。

ファイル

PHP Blog