ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

キックスタンドスプリング

05'y(だったかな?)のXL883キックスタンドのスプリングを引っ掛けているフレーム下の受け部を 縁石に当ててしまい破損させてしまったので その修理依頼を受けました。
 この後のモデルから取り付け部分が大きく変更されたので きっと他にも破損させた方が大勢いたんでしょう。
「控えめに修理して♪」とのご要望でしたので、破損箇所をサッと研磨し穴あけののち、タップをたてM6ボルトを埋め込むことで 既存の受け部の代用にしました。
またぶつけたら、今度はプレートなりを使って修理&補強が必要になりますが、それさえなければ大丈夫でしょう。
 
メーカーさん、設計の段階で分かるでしょう、ここじゃあ壊れやすいって。

ファイル

さあ、起きてください。

今からおよそ5年ほど前の平成22年より車検が切れ
お休み状態だった初期のEvo FLSTCです。
このたびオーナーさんのリクエストにより目覚めて頂く事となりました。
ただ、あまり大きな予算は費やせないので、なるべく抑え目で・・という事で、
今回の作業内容は 前後タイヤ&チューブ交換・ホイルベアリング清掃&シール交換。
ブレーキキャリパーシール交換にキャブレター清掃、フォークシール交換です。
通電させて発覚したのが、ターンシグナルモジュールの不良によるウインカー不動にリアブレーキランプスイッチ不良。
純正品モジュールはなんと40000円以上もするので、汎用ウインカーリレーを用いて、作動できるよう配線加工。

上記作業を終え、NewプラグにNewガソリンを与え、エンジン始動っ!

・・・・エンジン、目覚めました!
異音も無くとてもいい音で動きました。
これなら安心です。
この頃のEvoモデルは、しばらく放置してからエンジンを始動すると、クランクケースブローバイからオイルを吐きまくるという、厄介な現象がおきますが、それは・・・我慢してください。

ファイル

LEDなのに・・・

LEDテールランプです。
製造はとある大国(勝手に海を埋め立てちゃって、軍事施設なんかを造っちゃう国)。
このテールランプはバガーキットが組み込まれたFLHに使用されていた物で、
前回の車検の際 基盤の半田不良により幾つか点灯しないLEDがあったので修理したものです。
今回の車検の際も、更に幾つか点灯しない箇所が有ったため基盤を取り出し、修理を行う予定でした。
しかし、確かに半田不良も“数箇所”確認できましたが、それ以外に“切れてるLED”も数個・・・。
切れにくくエコな筈のLEDなんですけどねえ・・・。
という訳で、Ass'y交換です。

ファイル

板金修理

不慮の追突事故で壊れたスポーツスターのリアフェンダー
の修理依頼を受けました。
ハーレーのフェンダーはスチール製ですので、自動車のボディのように 
程度にもよりますが板金による修理が可能です。
今回はリアフェンダーの下部がタイヤ側に入り込み、両サイドは 
当てた車のバンパーにより外にめくれ出てしまってます。
ある程度までは元の状態まで“叩き”で修正することは出来ますが 
鉄に限らず物体は曲げると伸びてしまうので、ただ曲がりを戻しただけだと歪や皺ができてしまいます。
そのため、状況にもよりますが歪部分のカットが必要になることがあります。
でも、新品に交換するよりは遥かに廉価で直すことが出来るので、
お困りの方はご相談ください。

ファイル

さすがCCI

CCIのFLST用ヘッドライトナセルキット。
なかなか人気の商品です。
CCIではヘッドライトハウジングキットと呼びます。
その中のフォークネックプロテクター。
パーツ名はFork Neck Protectorsとなってますが
取り付け説明書では、『時々』Fork Stopsってなってます。
まあ、その辺のことは英語なのでOKとしまして、
この部品取り付けの際に フォークネックに穴を開ける必要があります。
そのためのドリルビットも同封されています。
親切です。
と思い、そのドリルで穴を開け、キットのタッピングビスをねじ込んでみると・・・
あれ!穴、デカいじゃん!
付属のタッピングビスじゃあ細すぎで使えません・・。
まあ、アメリカ製ですから。
やれやれ。

キットにはクロームメッキされたフォークカバーも入っています。
純正のステンレス製よりも 光っていてきれいです。
取り付けは、左右それぞれを2本の付属のボルトで固定するだ・・
あれ、ネジ穴、潰れてます。
このままではボルトがダメになってしまいます。
おいおい、4つの穴全部ダメかい・・。
まあ、アメリカ製ですから。
そのほか、ヘッドライトブラケットの穴径が合ってなくてヘッドライトレンズが付かないなんて事位、平気です。
それより、全てのボルト&ワッシャーの数がピッタリだったのは驚きです。

ファイル

PHP Blog