ハーレーカスタムのオフタイム

Off Time
Motorcycle Branch

オフタイム
〒359-0022
埼玉県所沢市本郷262-6
tel:04-2945-4966
fax:04-2945-4965

営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

オートバイのカスタマイズ及びメンテナンス、車検・板金塗装等紹介(自動車含)、4WD・RV車ドレスアップ・メンテナンス

店主のひとりごと(ブログ)

造ってみました③

お仕事の話に戻ります。

①でお話したタンクをカスタムしたFXSTの部品の製作です。
タンクの変更によりIGスイッチだけでなく スピードメータも移設(新設)する必要になりました。
スピードメーターは定番のDaytona電スピです。
このメーターはしっかりとしたパルスの設定を行うことで かなり正確な数値を得ることができます。XLやDynaのメーター変更時にも頻繁に使われています。

XLモデルなどでは、タンク下やフロントフォークに取り付けされる場合が多いのですが、今回はそれらの位置ではなく タンク後方のフレームに取り付けることにしました。
メーターとインジケーターを一枚のアルミ板に取り付け フレームへは、フレームに溶接したタブへのボルト締めで固定です。
この場所なら足に当たることも無くまた 視認性も悪くなくいい感じです。
(写真左の白メーターは、材料切り出し時の寸法取りのための中古品です。・実際には車体色にあわせ黒メーターを取り付けました)

ファイル

造ってみました②

その②は ちょっとお仕事から外れ、プライベートな品物造りです。

我が家にいるワンコ(ペキニーズ)用の水飲みボトルブラケットです。
短頭種犬(鼻ペチャ犬の事です)の我が家のワンコは皿からの水飲みが下手で、頻繁に水が鼻に入ってしまいむせてました。
 そこで、幼犬時に使っていたペットボトルに取り付ける水飲み器具(管の先をペロペロすると水が出てきます)ならむせる心配も無いだろうと、専用スタンドを造ってみました。本来、この器具はケージに取り付ける物なので、自立させる物がありません(多分・・)

お得意の 鋼材の切削・溶接加工で製作です。
倒れないように重さとバランスも考えての造りです。
我ながらよく出来ました!!
早速持ち帰り ワンコの前に♪

使ってくれません・・・・。
皿と一緒に置いてあるのですが、皿からしか飲みません。
皿の水が空でも飲みません・・・。

残念でしたっ。

ファイル

造ってみました①

ちょっとシリーズ化してみましたよ。

まず一つ目はIGスイッチブラケットです。
FXSTのフュエルタンクを変更したために 移設を余儀なくされたIGスイッチを タンク下に取り付けるためのブラケットを造ってみました。
当然防犯も考えなくてはならないので、たやすく取り外しや解体の出来ない構造にする必要があります。
鋼材を穴あけと曲げ加工、溶接加工により製作。
あとは表面を整え塗装して完成です。

ファイル

これもダメでしょう

またまた、ブレーキ関連部品のお話です。
バンジョーというマスターシリンダーやキャリパーに
ブレーキホースと繋ぐための継ぎ手部品。
この部品の要ともなる、ホースとの接合部分になんとスジ傷が・・・・。
いくらフィッテイングをやり直してもオイル漏れを止められなかったわけです・・・。新品部品なのに・・。

もちろん新品部品に交換して作業完了。

ファイル

LEDなのに・・・②

またまたLEDのお話しです。
車検でお預かりしたXL883のニュートラルランプが点かなくなってましたのでその対策です。
確か07'yモデルから、メーター下のインジケーターランプが電球式からLEDタイプに変更されました。
しかし、このLEDタイプが厄介で一枚の基盤に全てのLED発光体が取り付けられているので、電球の様に切れたからその箇所だけ交換というわけにはいきません。
・・まあ、本来LEDはどこぞのテールランプじゃあないですが簡単には切れないんですけど。
・・でも、お預かりしたバイクの場合ニュートラルランプのみ点灯しません。
883に限らず、トランスミッションに有るニュートラルランプスイッチの不具合によるトラブルが良くあるのですが、今回のはスイッチではなくインジケーターの不具合。
なのでAss'yで交換~~とはいきません。
このユニット、純正部品だと25400円(税込み)もするんです。
決してお安くないでしょ。
なので、ニュートラルランプだけスピードメーター横に増設しました。
これなら数千円でOKです。

ファイル

PHP Blog